MILK

このサイトでは、ライブハウス の楽しみ方をお伝えしたいと思います。それにしてもMILKの解散は残念!

注目! 特典として次のレポートを、期間限定で
無料で入手できます!!

人気のライブチケットを楽々手に入れる『ある方法』とは?(改訂版)

入手困難なコンサートチケットを効率よく定価でゲットする方法

ライブハウスへ行こう!


あなたがライブハウス初心者なら、ライブハウスの楽しみ方をお伝えしたいと思います。

あなたががバンド活動とは縁の無い人だとしても音楽好きにとってライブハウス程刺激的、
魅惑的、びっくり箱的に面白い所は他にまずないでしょう。

バンドとの距離最短0m!ステージ上で起きている全ての事が全て直接貴方に伝わって来る感動。 
そこには常にハプニング有り、お笑いあり、時には涙あり、怒りあり、失望もありです。

ライブハウスと言う所は、比較的小規模なホールで基本的に立ち見。殆どがタバコも吸えて、
ドリンク飲みながら見れます。

つまり会場内にバーカウンターの様な物が付いてます。入場料は出演バンドやイベントによっ
てマチマチです。

当然プロのライブは高いでしょう。プロや集客力のあるバンドは大体単独で会場を借りて行い
ますね。

勿論コレも楽しいです。大きなホールと違ってマジかでプロの演奏を楽しめるのです!
しかも座席付きホールと違い観客全員総立ちなので、ノリノリ状態です。


ライブハウスでプレーするのはプロに限った事ではありません。アマチュアバンド、デビュー
寸前のバンドなどもプレイ出来る所が多いんです。



ライブハウスでの注意点は!

  • ライブでは、足を踏まれたり、ぶつかられたりすることがよくあるので、気をつけましょう!
  • モッシュやダイブが発生する場合があるので、ロック系のライブでは注意をしましょう!
  • 小さいライブハウスの場合、ロッカーがないことが多いです。駅のコインロッカーを利用しましょう!
  •     
  • 汗びっしょりの場合は、コインロッカーから荷物を出して、着替えてから帰るのがいいでしょう!

ライブハウスを楽しもう!


あなたがちょっと近寄りがたいと思っているかもしれないライブハウス!でも実際はとっても
楽しめるenjoy spaceです。

ミュージシャンの実力がもっともわかる場所といいますと、CDでもテレビの音楽番組でもなく、
ミュージシャンがファンに対して、同じ空間で、直接的にその音楽を伝える場所、そう、ライブ
という場所になります。

そして、そんなライブの中でも、さらに、ミュージシャンやファンとの一体感がもっとも感じられ、
その音楽の魅力がダイレクトに伝わってくる場所はライブハウスだと思います。

ずばり迫力が違います!!!

最近、すでにある程度売れたにも関わらず、大規模なライブハウスも増えて来ており、必ずしも
ライブハウスが、まだ売れていない一部のミュージシャンだけの場所ではなくなってきています。

しかし、その一方、おそらく普段ライブにあまり足を運ばない方にとって、ライブハウスというの
はある種、どこか近寄りがたい未知の場所と感じている方も多いのではないでしょうか?

実際、ライブに行きなれていない方にとって、ライブハウスという場所は馴染みにくく入りにくい
場所であったりします。

また、ホールライブと違って、ライブハウスでは、ライブハウス独自のルールやマナーというのも
存在し、そういったルールやマナーのため、初心者がますます近寄りがたくなります。

また、そういった初心者がライブハウスのルールやマナーを無視し、他のファンから顰蹙をかって
しまう、というケースも少なくありません。

是非とも気軽にライブハウスに足を運んで、その独特な空間でのライブを楽しんでみてください。




ライブハウスでのライブを見に行く時は、オシャレすることよりも、まず周りに迷惑をかけない服装
であるかどうかを第一に考えるようにしましょう!

実際ライブ中は少なからず汗をかきます。自分の汗だけだったらまだいいのですが、密集地帯にいる
と嫌でも人の汗までべっとりついてしまいます。

これは本当に最高に気持ち悪いです。

ですからなるべく露出は抑えて、かつ汗を吸収しやすいような服装で望みましょう。露出度が高いと
いうことは、人の汗と直接触れる面積も大きいってことですから。

なので、キャミソールはお勧め出来ません。気持ち悪い思いをしたくないなら絶対に避けるべきです。

それと、ミニスカートなんかはもみくちゃにされてるうちにめくれ上がってきてしまうらしいので、
やめといた方がいいですね。

メイクもあんまり濃いと汗で落ちて服についたりするので、なるべく薄化粧がベターでしょう。

靴についても他の人の迷惑にならない物を選びましょう。自分が危険な目に遭わないようにするの
も大事です。

人から踏まれても大丈夫なスニーカーを履いて行くのが一番無難でしょうね。逆に避けて欲しいのは、
特にヒールの細い靴、ミュールやサンダル類、厚底などでしょうか。


申し訳ありませんが、現在お問い合わせ等はお受けしておりませんのでご了承ください。